博多ライトアップウォーク2016博多千年煌夜 題字 東長寺藤田紫雲住職

博多秋博

西昌山 本岳寺〈 日蓮宗 〉

本岳寺

開創以前の本岳寺は、当時は矢倉門(現祇園町)にあり、聖福寺の末寺に属する禅宗の「本覚寺」というお寺で、「西昌」という僧が住持していました。この西昌はとても囲碁が強いとの評判で、明応5年(1496)8月、京都より法華宗の日因上人が博多に赴き、直談の上、お寺を賭けての碁を囲む事になりました。その結果、日因上人が勝利を収め、約束通り西昌よりお寺を譲り受け、山号を先住の名を残して「西昌山」と称し、本覚寺を「本岳寺」に変えたと伝えられており、博多の数あるお寺の中でも他宗からの改宗はこの本岳寺だけです。
【くつを脱いで建物に上がれます。】

山門・本堂山門・本堂

山門・本堂

500年以上の歴史のある本岳寺。その中でも賭け碁で禅宗から日蓮宗に改宗した珍しい寺院。山門を抜けるとまっすぐに延びるアプローチ。色とりどりの光が揺らぎ門柱まで誘います。本堂内陣は荘厳なたたずまい。外は柱と妻飾りに光と影のコントラストをだし、より重厚感を際立たせます。

照明協力 株式会社 ミツヤマ電気

協賛企業

© 博多ライトアップウォーク実行委員会 All Right Reserved